2006年01月20日

元気の素な映画

FFはバリスタばかりやっててネタがないので、メインのテーマに戻りまして映画関係の記事で暫くいきたいと思います(´・ω・`)


本日のお題は 元気が出る映画


ちょっと前まではずっと 耳をすませば でした。ジブリアニメですね。

恋愛の方の展開よりも、主人公雫の苦悩は何回みても自分を奮い立たせます。

どうも女の子が頑張ってるのに弱いんですよね(笑)


というのから少しづつ変わってきて

GO(行定勲監督)



深呼吸の必要(篠原哲雄監督)



FLY DADDY FLY(成島出監督)

という感じに。


深呼吸の必要は、癒し系といえばそうなのですが、自分的にはこういうのも観ていて凄く元気になります。

疲れたOLさんとかにオススメですよ('-'*)


つか、金城一紀原作が2つですね。
自分の中の価値観と一致するのでしょうね。

本当に格好よい生き方というのが、ここに詰まっていると思います。


自分の拳を前に突き出して、ぐるっと一周した空間が自分のエリア。
そこで暮らしていれば痛みも苦しみも少なくて済む。
でもそこから一歩外に出ると、いろんなものと戦っていかなければならない。
自分は踏み出すのか?!留まるのか?!

文章全然違いますが、そういうメッセージ性の映画でもあります。

私は周りに流されそうになった時、自分を見失いそうになった時、闘争心をなくしかけた自分がいた時、そんな瞬間にこの映画を観て、自分の中のマグマを燃やしています。


あなたにもそんな作品ありませんか?

posted by りょーま。 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。